はたして勝ち目はあったのか・・

はたして勝ち目はあったのか・・・

 

ゲームの主役がカンガルーにカエルなんてぶっ飛んでいる

ある意味ゲーム創世記において売れる売れないじゃなくて

 メーカーが他社とは違うものを追いかけていた良き時代

 現代だったら企画書の段階で終わってしまうかもしれない。

でも誕生30年を過ぎても魅力あるゲームたち

昔は100円積み重ねてこんなゲームに夢中になっていた。

100円の重みに比例して強烈な印象が残っていると思う。

今じゃ携帯電話で無料ゲームができる時代だもん。そんなゲームを30年後に懐かしく思うだろうか!?この時代をリアルに体験できた事に感謝すべきですね。