レジェンド本シリーズ

ゲーム業界で活躍してきたレジェンドにスポットをあてた一冊です。


空前絶後の料理ゲー「ラーメン橋」開発秘話

1999年10月。ミレニアムイヤーを目前にしたその年、一つのゲームが発売された。

トミー(現タカラトミー)から1999年に発売されたプレイステーション用ゲームソフト、ラーメン橋。

開発はメディ アエンターテイメントで、1950年代から1990年代までの五つの年代を寿秀蔵という主人公がラーメン屋として過 ごしていき、様々なトラブルをラーメン勝負などで解決していく人生シミュレーション。

当時、怪盗セイント・テールなどでシナリオライターとして活躍していた利波創造は、この作品にどんな思いを 込めたのか、その足跡を辿る。

 

A5全28ページ(表紙含む)

インタビュワー/川上 大典、佐野一馬
テキスト制作/佐野 寛
編集・DTP/ゲームインパクト

 

利波創造プロフィール

トナミ ソウゾウ。

ゲーム企画・シナリオライター(ハイボリューム代表) 文教大学情報学部でゲーム企画・コンテンツの世界観構築の非常勤講師。

関わった作品

アニメシナリオ「怪盗セイント・テール」「名探偵コナン」 ゲームシナリオ「ラーメン橋」(兼企画)「THE推理」「THE鑑識官」 「THE爆弾処理班」 「魔人探偵脳噛ネウロ ネウロと弥子の美食三昧推理つき グルメ&ミステリー」 「ガリレオ」「ラジアントヒストリア」「天下統一★恋の乱」 「宇宙恋記∞メビウス」 「恋染軍師、両兵衛」「魔法少女大戦タクティクス」「ぼくらの七日間戦争」 「神々の悪戯 Infinite」「エターナル・スターダスト」「ワールドフリッパー」 「虜ノ絆~奪われた学園に響く処女の喘ぎ~」 「虜ノ姉妹 ~淫らに弄ばれる運命の迷い子~」 「 Nightmare×Onmyoji ~禁断のパラドックス~」 「 Nightmare×vampire ~復讐のインフェルノ~」など。

空前絶後の料理ゲー「ラーメン橋」開発秘話

利波氏のサイン入りをお送りします。
※別途送料300円いただきます。

※銀行振込の方は、ご注文後1週間以内にお振込みください。ご確認出来ない場合は、キャンセルとさせていただきますので、ご注意ください。

※クレジットカード決済は、JCB、Visa、MasterCard、American Express での決済を利用することができます。

¥1,320

  • お届け日数:1~3日

野沢プログラマから見たハドソンの世界

ハドソン伝説のプログラマー「野沢勝広」氏執筆の小冊子を製作しました。

先日開催した東京のみの市にてゲスト来場いただき会場にて発売し、購入者にはサイン会を開き好評でした。野沢氏初の執筆本ぜひご覧ください。

※サイン入りは完売しました。

 

表紙含む全40ページ

第1章…野沢プログラマーのハドソン入社までの歴史

第2章…入社当時のハドソン

第3章…PCゲームの量産とHu-Basic、そしてファミコンゲーム参入

第4章…全国キャラバンとスターソルジャー

第5章…過激な社員旅行と忘年会

第6章…PC-engineの開発と発売、そしてCD-ROMROMへ

最終章…ハドソンとは

 


野沢勝広

出身地 北海道 道南 1959年(昭和34年)8月28日生まれ 2019年に60才になる予定。

最終学歴 室蘭工業高校 電子科 卒

コンピュータとの出会いはこの頃。 ハドソンへ入社前はミニコンのメンテをしていたが、マイコンとの出会いでハドソンにコンパイラFORMを売り込んだついでに入社。 社員番号10番でした。 その頃のハドソンはマイコンでビジネスソフトやらマイコン用ゲームなんかを作っていて、メインはマイコン販売が主です。 HUBasicをキッカケにシャープと取引し、気が付けばファミリーbasic関連で任天堂と取引をする事に、ちなみに私はこの件には関わっていない。 中本氏がスターフォースをポーティングし、ヒットし、キャラバンを開催、その後色々あって気が付けばスターソルジャーを作る事になってました。

野沢プログラマから見たハドソンの世界

※別途送料300円いただきます。

※銀行振込の方は、ご注文後1週間以内にお振込みください。ご確認出来ない場合は、キャンセルとさせていただきますので、ご注意ください。

※クレジットカード決済は、Visa、MasterCard、American Express での決済を利用することができます。(JCBは未対応ですのでご注意ください。)

¥1,320

  • お届け日数:1~3日


バレーボールを作った男~幼少から発売までの軌跡~

ディスクシステムで発売したバレーボール。なぜ橋下さんが作る事になったのか、橋下さんの少年時代から発売までの軌跡を掲載します。

 

表紙含む全40ページ

第1章…小中学時代で過ごしたゲームの原点

第2章…コンピューターに出会った高専時代

第3章…1978年インベーダーブームに社会人

第4章…第1回ゲームホビープログラムコンテスト入賞

第5章…会社立ち上げと初のファミコン制作

第6章…会社のピンチを救ったバレーボール

最終章…未来に向けてのプログラミング


橋下友茂

フリー遊び職人。1982年ゲームプログラムコンテスト入賞を受けてゲーム制作会社を設立し、本格的なゲーム制作活動に入る。生涯の趣味は(ビデオゲームではなく本物の)格闘技。
代表的な作品に、「バクテリアエスケープ(エニックス)」「バレーボール(任天堂)」「新鬼が島(任天堂)」「ペンギンくんWARS」「VSエキサイトバイク(任天堂)」「スーパーリアルベースボール」などがある。ゲーム専門学校講師、桐蔭横浜大学非常勤講師なども歴任し、現在でも高校でのゲームプログラミング講師など後世の人材育成に尽力しつつも、スマホ用アプリゲームの開発などを行うなど多方面で活躍中。

バレーボールを作った男~幼少から発売までの軌跡~

橋下氏のサイン入りの本をお送りします。

 

※別途送料300円いただきます。

※クレジットカード決済は、Visa、MasterCard、American Express での決済を利用することができます。(JCBは未対応ですのでご注意ください。)

※銀行振込の方は、ご注文後1週間以内にお振込みください。ご確認出来ない場合は、キャンセルとさせていただきますので、ご注意ください。

入金確認は毎日しておりますが、稀に入金確認漏れがある場合がございます。ご入金後確認メールや発送通知が無い場合、ご一報いただけると助かります。

¥1,320

  • お届け日数:1~3日