デビュー30周年記念

福田素子原画展

「昭和のゆるっこもっこちゃん」を中心とした生原稿・原画を展示します。

福田素子の魅力を感じる、懐かしくてほんわかテイストな「水彩画」をお楽しみください。

【イベント概要】

■日時3月24日(土)・25日(日)

11:00~18:00(25日は17:00まで)

■会場パークサイドビル 9F

福岡県北九州市小倉北区堺町1-6-13

■入場料入場無料



福田 素子(ふくだ もとこ)

福田幹夫と福田素子、夫婦二人を合わせて漫画家「ふくだもとこ/福田素子」です。
これまでに発表した作品は1,000話を超えました。

共通の趣味は漫画、読書 映画。その他に幹はギター、素は茶道。
息子とネコと同居。

大分県佐伯市で毎週土曜日「マンガ教室」も主催しています。(たまにお休みがあります。サイトでご確認またはご連絡を)ほそぼそと裏千家茶道教室も。

1987年 「高橋もとこ」のペンネームでデビュー以来、ずっと二人三脚状態で描いてきました。

デビューは白泉社の「シルキー」という雑誌で「スクランブルな関係」という作品でした。
現在はフィールドを電子の方へ広げようと試行錯誤中です。

代表作は「橘屋繁盛記」シリーズほか。
「続・橘屋繁盛記」は1992年から白泉社「シルキー」で「橘屋繁盛記」としてスタート。
雑誌廃刊とか出版社倒産とかで中断しつつも「15の愛情物語」2015年9月号で連載終了。

おもだった過去作品として院内学級を扱った「空への手紙」はテレビ化もされました。
出張美容を描いた「スマイルで歩こう!!」この作品は海外版も出していただ来ました。

変わったところでは富士通大分ソフトウェアラボラトリー から、児童向けCDROM「かずのえほん」教育ソフトCD-ロムキャラクターデザイン 「かずのえほん」「かたちのえほん」「さんすうの絵本」。

日本経済新聞生活家庭欄にてコラム連載「高橋さんちパソコン日記」。
他にもヘルス出版の「小児看護」という専門雑誌で「花咲けななこ」を連載させていただきました。


会場

パークサイドビル9F

住所:〒802-0005

福岡県北九州市小倉北区堺町1-6-13 9F

TEL:093-551-3878